第27回その1(トラックバックを送ってみよう!)

まーさ と一緒にお勉強しましょ♪「ブログの使い方」
今回は、ブログとブログをつなげる「トラックバック」についてです。
ブログのネタが一杯詰まった「トラク場」の紹介もありますよ!

まずは「トラックバック」のおさらい→このページを見てね。
実際に「トラックバック」を送ってみましょう(練習コーナー紹介)
     →http://lesson.at.webry.info/200610/article_2.html
                           
・*:・─────────────────────────・:*・
    もう一度おさらい!「トラックバックってなに?」
・*:・─────────────────────────・:*・


まーさ:今回は、「トラックバック」について
    もう一度おさらいしてみましょう。

  :はーい。

まーさ:トラックバックを説明できる?

  :えーと・・・・、相手のブログに
    自分のブログへのリンクを貼ること、でしょう?

まーさ:そうね。

    例えば、あなた(Aさん)が、Bさんが書いた記事を読んで、
    自分のブログに記事を書いたとするわね。

    「同じ内容のブログを書きましたよ」
    「あなたの記事が、参考になりましたよ」ということを、
    Bさんにも、Bさんのブログ読者にも知ってほしいから、
    トラックバックを送ることにしましょう。

    で、記事を投稿すると同時に、Bさんの記事に
    トラックバックを送信すれば、
    Bさんの記事のトラックバックのところに、
    Aさんのブログへのリンクが貼られるわけね。

    でも、これだけだと、
    Aさんのブログから、Bさんのブログへリンクできないわよね?
    
  :あー、そういえば、そうですね・・・

まーさ:ブログの面白さは、コメントやトラックバックを通して、
    他とつながることでしょう。

    だから、一方的にトラックバックを送るのではなく、
    「関連記事」「この記事を参考に書きました」と紹介して
    自分の記事内にも、相手へのリンクを貼るようにしましょうね。

    そうしたら、お互いの読者が両方のブログを読むことができるわね。


  :なるほど~。
    そうすれば、どうしてトラックバックを送ってきたのかも、
    よくわかりますよね。



・*:・─────────────────────────・:*・
    トラックバックを送ってみよう!
・*:・─────────────────────────・:*・


まーさ:では、実際にトラックバックを送ってみましょう。

 Q :相手がウェブリブログの場合と、それ以外の場合で、
    やり方が違うんですよね。

まーさ:そうなの! 送信相手がウェブリブログなら、とっても簡単よ!

    送信先の記事の下のほうに、
    「自分のブログにトラックバック記事作成」の欄があるから、
    そこに本文を入力して、[記事作成(会員用)]をクリック。

    それで、ブログの新規作成画面にジャンプするわ。
    トラックバックに必要な情報は、すでに入っているので、
    あとはテンプレートやテーマを選んだり、いつもどおりに作成してね。

  :送信相手がウェブリブログじゃない場合は?

まーさ:[ブログ]-[新規作成]で本文を作成したあと、
    [次へ]をクリックして確認画面へ。

    ここで、「トラックバック送信先URL入力」欄に
    相手のトラックバックURLを入力してね。
    複数URLへ送付する場合は、改行して1行に1URLで。
    最大10個まで指定できます。

    もしここで入力しなくても、実はウェブリブログには
    「自動トラックバック」っていう便利な機能があるのよ。

  :「自動トラックバック機能」?

まーさ記事内に、相手記事のURLを含んでいることが条件よ。

    「トラックバック送信先URL入力」欄になにも入れないまま、
    [公開]をクリックするでしょ。

    すると、次の画面で、「トラックバックを送りますか?」と
    確認してくれるのよ。

    トラックバックする場合は、チェックを入れたまま、
    [トラックバック送信する]をクリックしてね。

  :なるほど~、それは便利ですね。

    ・・・でも、トラックバック送ったはずなのに、
    相手のほうに反映されていないみたいなんですけど・・・

まーさ:いくつか原因が考えられるわ。

    まず、「トラックバック送信先URL入力」に直接URLを入れたとき、
    間違って、記事のURLを入れていないかしら?

    「トラックバック送信先URL入力」欄を使う時には、
    記事のURLじゃなくて、トラックバックURLのほうを入力してね。


    それから、送信先がトラックバックに対応していない場合や、
    受付拒否している場合は、残念ながらトラックバックは反映されないわ。

    スパム対策のため、いったん保留に設定にしている場合もあるわ。
    その場合、相手の人が確認してから公開されるので、
    時間をおいてから確認してみてね。


  :そうか、すぐに反映されないかもしれないんですね。

まーさ:トラックバックスパム対策には、こちらを参考にしてね。

     ◎ブログの使い方~「トラックバックスパム対策」その2~
       http://lesson.at.webry.info/200512/article_1.html

    さて、次は実際にトラックバックを送ってみましょう!
    練習用コーナー「ブログ書こうよ! トラク場」をご紹介するわ。
       http://lesson.at.webry.info/200610/article_2.html



本「ブログの使い方」でとりあげてもらいたいテーマなどが
ありましたら、このブログにトラックバックもしくはコメントしてくださいね。
みなさまのご意見お待ちしております。

※個別のお問い合わせについては、
  よくある質問と答え(FAQ)をご参照ください。



"第27回その1(トラックバックを送ってみよう!)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。